Top >  はじめての方へ >  出産にかかる費用とは

出産にかかる費用とは

【出産費用などの出費をご心配されている方はこちら】


妊娠がわかると、気になるのは出産に関わる費用ですよね

特に、初めての出産の時って一番気になります


順番にお伝えしていきますね


まず、定期検診の費用は入れないで

出産(分娩、入院)にかかる費用の平均です


出産費用の平均相場は

一般的に30万ー40万となっております


でも、出産費用はいろんな要素で決まるんですね

例えば、


平日なのか夜間なのか?

普通分娩なのか帝王切開なのか?

無痛分娩を希望するか?

・産まれた子供に光線治療などの処置はいらないか?
(私の時は必要でした)

・病室は相部屋なのか個室なのか?

地域による出産費用の違い


などです

これらを考慮して、30万ー40万前後は考えておきましょう


次に、妊婦検診などに掛かる費用です


これも一概には言えませんが

平均的な相場の目安として、7万円ー10万円ぐらいですね

検診も健康保険が効かないので、割高になります


ほかには、赤ちゃんの肌着やマタニティ下着など

出産準備に必要なものですね


こういった出産に掛かるお金は

意外と掛かってしまい、家計を圧迫することもあります


ある調査によると、

これだけまとまったお金をすぐに用意出来ない家庭が

実は、全国で7割を超えているそうです。ご存知でしたか?


産前産後の出費だけならまだ何とか出来る家庭も

出産費用30万円ー40万円がプラスされることで

厳しい状況になるようです


支給される出産育児一時金は、出産後2ヶ月経ってからしか貰えませんからね(^^;)

でも、出産費用の30万円は、退院する時に払わなくてはいけません。。。


順番が逆なんです 


でもそういう時は、出産育児一時金が貰える2ヶ月の間、『つなぎ資金』を用意するといいですよ


ココで言う、『つなぎ資金』は親御さんから借りてもいいのですが、

ほとんどのご家庭では、恥ずかしくて

到底そんなことは言えないと思います。。。(^^;)


これから子供が出来るのに、親に心配掛けるわけにも行きませんので。


そこで、便利に使えるのがフリーローンです


今は、ネットからのお申し込みだけで、しかもご指定の

口座に振り込んでくれるローンになっています


代表的なところは、プロミスなどのローンですね

こちらは、返済がコンビニで出来ます。とても便利です


ちょっと昔なら、こういった消費者金融系は

敬遠されていましたが、グレーゾーン金利の撤廃で支払い負担が軽減されました


しかも、出資会社は大きな都市銀行が多いです

安心して利用できる環境になりました


実際の返済シュミレーションなどは

オフィシャルサイト:プロミスをご覧くださいね


30日間無利息キャンペーンなどあって、トータルで考えてもいろいろお得ですよ


このフリーローンで30万円を借りて、

約2ヶ月後、出産一時金で『一括返済』をします

これで『つなぎ資金計画』は完了です


みんなそんなに余裕はないのです。

どうにかしてやりくりしているのが現状なんですね


もし今、資金的に厳しい状況であれば

この『つなぎ資金計画』を是非利用してください


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

はじめての方へ

貴重な情報ですので、はじめての方は
こちらからご覧ください

関連エントリー


はじめての方へ
つわりでお悩み方へ
出産にかかる費用とは









Yahoo!ブックマークに登録