Top >  妊娠についての基礎知識 >  妊娠、出産にかかるお金はどの位?

妊娠、出産にかかるお金はどの位?

『健診費用』


妊娠は病気ではありませんので、健康保険は適用されません

なので、定期健診の費用は自己負担になります

平均3000円ー5000円の間くらい毎回かかると思います


初診の場合は初診料や検査料でもう少しかかります


検診は、


・妊娠23週までは月に一回

・妊娠24ー35週は月に二回

・妊娠36週以降は週に一回になります


母子手帳をもらう時に妊娠健康診査受診票がもらえますので、

負担を少し減らすことが出来ると思います


検診費用、産院までの交通費は

確定申告医療費控除の対象になりますので、

領収書は保管しておきましょう


『分娩、入院費用』


産院によって本当に値段が違いますので確認しましょう

一般的には35万ー45万円が相場だと考えて下さい


普通分娩、帝王切開でも値段が変わってきます

しかし、帝王切開では健康保険がききます


夜間や休日に出産した場合でも値段は変わってきます

割り増し料金が、状況に応じていりますので、

余裕を持って用意しておくべきだと思います


分娩、入院費用も医療費控除の確定申告ができますので、

領収書は必ず保管しておきましょう


『出産準備品費用』


出産、育児用品は気付かない間にけっこうお金がかかっています

でも、検診などとは違って節約できるお金でもあります


初めての出産で、あれもこれもと前もって買って使わないより、

必要最低限の物だけ買っておけば安心だと思います


買う、借りる、もらうを上手に使い分けましょう!!


※ちなみに私の場合、検診は毎回、平均3500円位でした

分娩、出産費用はトータル32万円でした

出産準備用品は、5ー6万円位だったと思います


もし、出産費用がすぐに用意出来ない時は、こんな方法で回避しましょう


一番、考えられるのは出産育児一時金です

出産後、役所に申請すれば、出産2ヶ月後に振り込まれます


ただ、出産費用は先に払わなくてはいけんません。。。

順番が逆なんですね 


そういう時は、出産育児一時金が貰える2ヶ月の間、『つなぎ資金』を用意するといいですよ


ココで言う、『つなぎ資金』は親御さんから借りてもいいのですが、

ほとんどのご家庭では、恥ずかしくて

到底そんなことは言えないと思います。。。(^^;)


これから子供が出来るのに、親に心配掛けるわけにも行きませんので。


そこで、便利に使えるのがフリーローンです


今は、ネットからのお申し込みだけで、しかもご指定の

口座に振り込んでくれるローンになっています


代表的なところは、プロミスなどのローンですね

こちらは、返済がコンビニで出来ます。とても便利です


ちょっと昔なら、こういった消費者金融系は

敬遠されていましたが、グレーゾーン金利の撤廃で支払い負担が軽減されました


しかも、出資会社は大きな都市銀行が多いです

安心して利用できる環境になりました


実際の返済シュミレーションなどは

オフィシャルサイト:プロミスをご覧くださいね


30日間無利息キャンペーンなどあって、トータルで考えてもいろいろお得ですよ


このフリーローンで30万円を借りて、

約2ヶ月後、出産一時金で『一括返済』をします

これで『つなぎ資金計画』は完了です


もし今、資金的に厳しい状況であれば

この『つなぎ資金計画』を是非利用してください

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠についての基礎知識

月経が来ない。妊娠したかな?と思ったら
どうしたらいいかということから、

自分に合った産院選び、つわりなどについての
ポイントを詳しく解説しています。
妊娠初期に知っておきたいことをまとめてみました。

関連エントリー


妊娠したかな?
産院選びはとっても大事
妊娠がわかったら気を付けること
つわりってどんな感じなの?
妊娠、出産にかかるお金はどの位?