Top >  妊娠中のリスクについて >  異常妊娠ってどんなの?

異常妊娠ってどんなの?

妊娠初期に出血などの症状があった場合、

異常妊娠の可能性が考えられますので、

すぐに先生に診てもらいましょう


『子宮外妊娠』


受精卵が子宮内膜以外に着床した妊娠のことです


子宮外妊娠でも、妊娠反応つわりなどがあるので、

自分自身で気づかない場合が多いそうです


ほとんどは卵管に着床するケースが多いのですが、

胎芽から赤ちゃんへと成長する時に、

卵管の細さに耐えきれず、流産する可能性があります


また、卵管が破裂するパターンも少なくないようです


普段と違うお腹の痛みや、出血などの症状が出たら、

すぐに病院に電話して相談しましょう


『胞状奇胎』


胎盤を作る絨毛が異常なほど繁殖してしまい

子宮内部に充満してしまうことです


増殖した粒状のものが、ぶどうの房のようになり、

昔は「ぶどう子」と呼ばれていたそうです


原因は、染色体異常からなってしまいます

妊娠初期ではやはり気付かないケースが多いので、

出血などがあればすぐ診てもらいましょう


超音波検査で正確に診断できます

胎嚢や赤ちゃんが見えない場合は

注意深くチェックし、検査してもらえます


数回に分けて子宮内の内容物を取り除きます

出産後も定期的な検査が必要です

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中のリスクについて

妊娠中に、知っておきたい病気を簡単にまとめてみました。
妊娠と病気が重なったら、
お腹の赤ちゃんは大丈夫?という心配を解説していきます。

関連エントリー


子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?
性行為感染症(STD)とは?
お母さんが持っている病気
体質は赤ちゃんに影響するの?
高年齢出産のママへ
異常妊娠ってどんなの?