Top >  妊娠中のリスクについて >  子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?

私の場合は、妊娠がわかったと同時に、

子宮筋腫が発見されました

私の知ってる限りのことを教えます


子宮筋腫とは、


子宮の中にできるこぶみたいな腫瘍のことです

筋腫自体には問題はありませんし、

赤ちゃんにも何も影響はありません


ただ、子宮筋腫があることによって、妊娠しにくい場合があります

そういう場合は手術して取り除きます


筋腫は、お腹が大きくなっていくのと同時に、

筋腫も大きくなっていきます


筋腫の位置や大きさによっては、切迫流・早産になる場合もあります


子宮の出口に筋腫ができてしまった場合は、

赤ちゃんのが出てくる時に、頭がつかかってしまい、

普通分娩から、帝王切開に切り替わることが多いようです


出産時に陣痛が弱い(微弱陣痛)場合があり、

また、出血が多くなってしまう場合もあります


私が個人医院から総合病院に変わった理由は、

この出血が多かった時のことを考えて紹介されました


個人医院だと、輸血の準備が大変みたいなので、

初めから設備の整った総合病院の方が安心だと言われました


筋腫のある妊婦さんは、貧血を防ぐために、

鉄分を多く取ることをおススメします


ただ、冒頭でも書きましたが筋腫自体には問題はありませんし、

赤ちゃんにも何も影響はありません


心配しすぎると自分の体がもちませんので、

あまりナイーブになりすぎないようにしましょう

私も心配するほどの問題はありませんでした

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中のリスクについて

妊娠中に、知っておきたい病気を簡単にまとめてみました。
妊娠と病気が重なったら、
お腹の赤ちゃんは大丈夫?という心配を解説していきます。

関連エントリー


子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?
性行為感染症(STD)とは?
お母さんが持っている病気
体質は赤ちゃんに影響するの?
高年齢出産のママへ
異常妊娠ってどんなの?