Top >  妊娠中のリスクについて >  卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?

私の知人が、卵巣嚢腫になってしまい、

妊娠中に手術しましたが、問題なく終わりました


卵巣嚢腫とは

卵巣が腫れてしまい

そこに水が溜まったような状態になってしまうことです


胎盤が完成する(14週位)頃までに、

自然に小さくなりますので、通常は心配ありません


しかし、自然に小さくならずに逆に大きくなって

直径5ー6センチになってしまったら手術が必要です


なぜなら、そのままにしておくと

激しい痛みをともなってしまうからです


また、出産時に産道を圧迫するおそれがある場合も

同じように手術が必要になってきます


手術は、胎盤の完成する時期(15週ー17週)に

行われますが、赤ちゃんに影響はありません

また、流産や早産の危険もありません


手術後は、定期的に健診を受けて

問題なければ普通出産が可能になります


私の知人は、この卵巣嚢腫になったことで、

あまりに心配しすぎて体調を崩しました。。。


妊娠中の手術は確かに怖いですが、

自分の体が一番です


心配しすぎて、体調を壊してしまい、

赤ちゃんに影響があるほうが心配なので、

しっかり知識を付けて安心するようにしておきましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中のリスクについて

妊娠中に、知っておきたい病気を簡単にまとめてみました。
妊娠と病気が重なったら、
お腹の赤ちゃんは大丈夫?という心配を解説していきます。

関連エントリー


子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?
性行為感染症(STD)とは?
お母さんが持っている病気
体質は赤ちゃんに影響するの?
高年齢出産のママへ
異常妊娠ってどんなの?