Top >  妊娠中のリスクについて >  体質は赤ちゃんに影響するの?

体質は赤ちゃんに影響するの?

病気ではないけれど、お母さんがもっている体質

赤ちゃんにどう影響するか少しまとめてみました


『甲状腺の異常』


お母さんが無治療、治療不十分であると、

発育不全の赤ちゃんが生まれたり、

胎児死亡といったことが起こる場合があります


妊娠前、妊娠中、産後にかけていずれも

甲状腺の働きを頻繁に見てもらうことが大事です


『アレルギー体質』


妊娠中に症状が出たら、医師にすぐ相談しましょう

塗り薬や点鼻薬を使用しても影響ありませんが、

病院から処方されたものを使いましょう


赤ちゃんへの遺伝は100%ではないそうです


アレルギーを起こしやすい体質は遺伝しますが

症状が出るかはどうかは、食生活環境で変化

するので、発症するかはわかりません


私の母は、すごいアレルギー持ちですが、

私も妹も全くアレルギーは持っていません

必ずしもアレルギーになるとは言えないんですね


『ぜんそく』


妊娠前からひどい人は、

妊娠中にさらに悪化してしまう人が多いそうです


先生に相談して、吸入機や薬を処方してもらい、

きとんと服用しましょう


ぜんそくの影響で赤ちゃんの発育に支障が出たり

早産などの心配はありません

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中のリスクについて

妊娠中に、知っておきたい病気を簡単にまとめてみました。
妊娠と病気が重なったら、
お腹の赤ちゃんは大丈夫?という心配を解説していきます。

関連エントリー


子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは?
性行為感染症(STD)とは?
お母さんが持っている病気
体質は赤ちゃんに影響するの?
高年齢出産のママへ
異常妊娠ってどんなの?