Top >  妊娠中期に知っておくべきこと >  胎教を始めてみましょう

胎教を始めてみましょう

胎教とは、お腹の赤ちゃんにいい胎内環境を作るということです

そのためにまず大事なことは


ママが健康に過ごすこと

ママが心地よく過ごすこと

ママがリラックスして暮らすこと


これこそが胎教そのものです


ママがリラックスしていると、血液の流れがよくなります

そのことで、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が運ばれます


逆にママにストレスがあると、血液の流れが悪くなってしまい、

赤ちゃんに十分な酸素や栄養がいかないことになります


赤ちゃんとママは一心同体です


お腹の赤ちゃんのことを想って、お腹をなでたり、

赤ちゃん雑誌を見て楽しんだりと赤ちゃんを想う気持ちは、

必ず赤ちゃんに届いていますよ


また聴覚が発達している時期でもありますので、

赤ちゃんにいっぱい声をかけてあげて下さい


名前が決まってる人は呼び掛けてあげて下さい

きっと何かしらの反応を赤ちゃんがしてくれますよ


【胎教にいいこと、いいもの】


・絵本を読んであげる

・歌をうたってあげる

・リラックス出来る曲を流す


よく聞いた話なのですが、生まれてから赤ちゃんに

「お腹の中はどんな感じだった?」と聞くと覚えている赤ちゃんもいます


お腹の中にいた時に、流した曲や歌を赤ちゃんに聞かせると

この曲聞いたことがある」などと言う子もいますよ

後々、そういう楽しみも出てきますね!!


それから、胎教で英語を学習させるママも増えてきましたね

もし、されるなら一番人気の「ディズニーの英語システム」がおすすめですよ(^^)

無料サンプルだけでも貰っておく価値があります!


無料サンプルなどの詳細は、

オフィシャルサイト:ディズニーの英語システム【無料サンプル】をご覧ください


少子化が進んで、子供に対する教育に熱心な親が増えましたからね

教育はすでに胎教から始まっています

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中期に知っておくべきこと

胎動を感じて、感動を得る時期でもあります。
赤ちゃんとのコミュニケーションに着目してみましたので、
参考にしてみて下さい。

関連エントリー


胎教を始めてみましょう
戌の日に腹帯を巻こう
マタニティスポーツを楽しもう
母親(両親)学級に参加しましょう
妊娠中のスキンケア
赤ちゃんの名前を考えましょう
妊娠線の予防法
切迫早産・早産に注意しましょう
保育所を探しましょう









Yahoo!ブックマークに登録