Top >  妊娠中期に知っておくべきこと >  妊娠線の予防法

妊娠線の予防法

お腹が急に大きくなると、その速さに皮膚がついていかず、

ひび割れしたような状態になってしまします

それが妊娠線というものです


最初は、赤紫色のミミズ腫れのようなものが出来て、

時間とともに、色は白っぽく目立たなくなっていきます


しかし、一度出来た妊娠線は、消えることはありません

ですので、早めの予防をおススメします


それでは、どんな予防法があるのでしょうか?


まずは、体重を一気に増やさないようにすることです

ゆっくり少しずつ体重を増やすことによって、

皮膚もゆっくり伸びていきますので、妊娠線が出来にくくなります


妊娠線を予防するクリームが市販で売っていますので、

なじませてからお腹に塗ることをおススメします


また、妊娠線が出来てしまった場合は、

妊娠線を薄くするクリームも売っていますので、

それで対処しましょう


私は予防のクリームを知ったのが、妊娠線が出来てからで、

すでに手遅れでした。。。(涙)


お腹だけでなく、腕にも出来てしまったので、

今は妊娠線を薄くするクリームを使ってます


予防は出来るだけ早くした方がいいと思います(経験者談)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中期に知っておくべきこと

胎動を感じて、感動を得る時期でもあります。
赤ちゃんとのコミュニケーションに着目してみましたので、
参考にしてみて下さい。

関連エントリー


胎教を始めてみましょう
戌の日に腹帯を巻こう
マタニティスポーツを楽しもう
母親(両親)学級に参加しましょう
妊娠中のスキンケア
赤ちゃんの名前を考えましょう
妊娠線の予防法
切迫早産・早産に注意しましょう
保育所を探しましょう