Top >  妊娠中期に知っておくべきこと >  切迫早産・早産に注意しましょう

切迫早産・早産に注意しましょう

妊娠22週ー37週未満に赤ちゃんが生まれてしまうことを

早産」と言って、早産になりかけることを「切迫早産」と言います


もしも、妊娠7ヶ月(24週ー27週)で出産してしまっても、

保育器の中で育てたり、NICU新生児集中治療室)のある

病院で対処すれば、赤ちゃんは大丈夫だと思います


しかし、赤ちゃんにとって、外の世界で生きるにはまだまだ未熟です


こんな症状に注意しましょう


お腹が痛い硬くなってしまったら、すぐに横になり、

 しばらくの間、休みましょう

 それでも治らない場合は、病院に相談しましょう


・切迫早産の場合は、少量の出血をすることがあります

 もし出血した場合は、すぐに病院へ行きましょう


細菌に感染すると、おりものの量が増えたり、

 匂いがきついといった変化が出てくると思います


 症状が進んでしまうと、早産の原因にもなりますので、

 早めに受診することをおススメします


早産の予防をする生活


・体を冷やさない

・疲れたらすぐ休む

・無理をしない


・ストレスを溜めこまない

・コンドームを必ずつける

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠中期に知っておくべきこと

胎動を感じて、感動を得る時期でもあります。
赤ちゃんとのコミュニケーションに着目してみましたので、
参考にしてみて下さい。

関連エントリー


胎教を始めてみましょう
戌の日に腹帯を巻こう
マタニティスポーツを楽しもう
母親(両親)学級に参加しましょう
妊娠中のスキンケア
赤ちゃんの名前を考えましょう
妊娠線の予防法
切迫早産・早産に注意しましょう
保育所を探しましょう