Top >  妊娠後期に知っておくべきこと >  胎盤と羊水のトラブル

胎盤と羊水のトラブル

●前置胎盤


普通は、子宮底の高い位置に胎盤はついています

それが何らかの理由で、低い位置についてしまい、

子宮を塞ぐことがあります。これが前置胎盤です


妊娠中に出血してしまうと、母子共に危険です

先生の指示通りにしていれば、心配はありません


●常位胎盤早期剥離


胎盤は、赤ちゃんが生まれたあとに、剥がれます

まれに、出産前に剥がれてしまい、子宮壁との間に出血を起こし、

赤ちゃんへの栄養と酸素が遮断されます


常位胎盤早期剥離と判断されたら、

赤ちゃんの様子を確認してから、

すぐに帝王切開になります


●羊水過多


妊娠後期の羊水は、ほとんど赤ちゃんの尿です

赤ちゃんは、それを飲んでまた排泄してを繰り返します


羊水過多では、ママの糖尿病などが原因で起こり、

尿の酸性が多くなったり、吸収が悪くなったりします


赤ちゃんに元気があれば問題はありません


●前期破水


陣痛が来る前に、羊水が流れ出してしまうことです

原因は、卵膜が細菌感染し、弱くなるためです


36週以降の破水なら、なんの問題はありません

赤ちゃんが未熟な時期の破水は、細菌感染予防とともに、

子宮収縮を抑える治療が行われます

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【妊娠3ヶ月目の方が多くの人が見ている人気ページです】


ひどいつわりにお悩みで、対策をお探しの方はこちら

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

妊娠後期に知っておくべきこと

リラックスして出産の日まで過ごしたい時期ですね。
妊娠後期にありがちな症状などをまとめてみました。
参考にしてみてください。

関連エントリー


マイナートラブルの改善方法
さかごが心配なママへ
胎盤と羊水のトラブル
留守の間の準備をしよう
お産の始まるサインを覚えておこう